<< 小沢幹事長 両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞) | main | 高速料金見直し、首相「国会で」…調整不足認める(読売新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<裁判員裁判>懲役25年確定の被告 さらに懲役7年の判決(毎日新聞)

 強盗殺人未遂罪で懲役25年の判決が確定した後、強姦(ごうかん)致傷罪に問われた無職、永田健一被告(62)の裁判員裁判で、東京地裁は22日、懲役7年(求刑・懲役10年)の判決を言い渡した。懲役は計32年となるが、刑法の規定で有期刑上限の30年を超える刑は執行されない。林正彦裁判長は「7年は軽いと判断したが、特殊事情を考慮した」と説諭した。

 裁判員への負担を考慮し強殺未遂事件と今回の事件が分離されたことに対し、判決後に会見した裁判員からは「一緒に審理したほうが事件を総合的に見ることができた」「あくまで単体として事件を扱うべきだ」と意見が分かれた。

 判決によると、永田被告は06年と04年、都内で帰宅途中の女性に性的暴行をした。【和田武士、伊藤直孝】

【関連ニュース】
裁判員制度:東京高裁「合憲」 初の憲法判断
裁判員裁判:自殺未遂の長男刺殺…結審 求刑、下限の5年
裁判員裁判:入院長男刺殺の母親に懲役5年求刑 東京地検
強姦致傷:異例 さらに10年求刑 強殺未遂で懲役25年
石巻2人刺殺:17歳少年を逆送…仙台家裁決定

ISS実験棟「きぼう」 運用延長へ問われる成果(産経新聞)
<幸田町議汚職>贈賄側の売却益7億円 愛知県警(毎日新聞)
<児童ポルノ>3少年は元被害者 報酬渡されグループに(毎日新聞)
市長室のガラス扉紙で覆う…阿久根市長指示(読売新聞)
働く女性の7割、メタボ自覚=判断基準は「おなかの肉」−民間調査(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • 03:14
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
  • <野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」(毎日新聞)
    りつこ (07/15)
  • <野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」(毎日新聞)
    メタルボリック (07/02)
  • <野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」(毎日新聞)
    にゃん子 (06/03)
  • <野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」(毎日新聞)
    志波康之 (01/13)
  • <野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」(毎日新聞)
    カドルト (01/08)
  • <野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」(毎日新聞)
    サキューン (01/01)
  • <野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」(毎日新聞)
    リョータ (12/27)
  • <野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」(毎日新聞)
    晶太郎 (12/23)
  • <野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」(毎日新聞)
    モグモグ (12/18)
  • <野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」(毎日新聞)
    俊之 (12/05)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM