スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」(毎日新聞)

 国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在している野口聡一宇宙飛行士(45)が23日、ISSとドッキング中のスペースシャトル「アトランティス」の乗組員らと共に記者会見し、5カ月間にわたる宇宙生活を「終わってみればあっという間だった」などと振り返った。

【写真特集】野口宇宙飛行士:サンタ姿でISS入り…長期滞在スタート

 野口さんは昨年12月21日、ロシアのソユーズ宇宙船で飛び立ち、同23日にISSに移った。日本人宇宙飛行士として最も長い5カ月間の任務を終え、6月2日に同宇宙船で帰還する予定。

 会見で体調を尋ねられた野口さんは「あと2〜3カ月いても大丈夫と思う」と笑顔で報告。「ソユーズでの帰還に不安はない。帰ったら、まずは家族とゆっくり過ごしたい」と語った。【須田桃子】

【関連ニュース】
【写真特集】日本の主な宇宙開発
【オーロラの写真も】野口聡一飛行士:宇宙からオーロラ撮影
【写真特集】野口聡一さん:和服で書き初め ISSで正月行事
【写真特集】「きれいなお姉さん」系から「きれいなママ」系宇宙飛行士に 山崎直子さんの軌跡

苦しい時の「小沢ガールズ」民主重鎮を応援(読売新聞)
朝鮮学校無償化、哨戒艦事件と別議論で…文科相(読売新聞)
首相の知事会出席を発表 官房長官(産経新聞)
民主複数擁立に「共倒れ」危機? 大阪、京都、兵庫(産経新聞)
蓮舫氏ら“及び腰”申し入れ 口頭だけ「献金禁止を」 小沢氏辞任要求なく…(産経新聞)

ラジオ ネットで聴取「ラジコ」 予想以上の好調(毎日新聞)

 パソコンで民放のラジオ番組を−−。東京、大阪の計13の民放ラジオ局が試験配信を始めた「radiko.jp」(ラジコ・ジェーピー)が好評だ。15日でスタートから2カ月になるが、聴取回数は約3000万回。パソコンがラジオ端末になることで、ラジオの復権は果たせるのか。【岡礼子】

 ラジコにはTBS、文化放送、ニッポン放送、TOKYO FM、毎日放送、ラジオ大阪などが参加。専用ソフトはいらず、無料で聴ける。

 スタート(3月15日午前0時)に向け、前夜から開通準備が始まると、10分ほどで簡易型ブログ「ツイッター」に「もう聞ける」と書き込まれ、アクセスが殺到しつながらないほど。初日の聴取回数は約104万回、1週目で523万回となった。10日にはアップルの携帯電話「iPhone(アイフォーン)」でも聴けるようになった。iPhoneの場合は専用ソフトが必要だが、そのダウンロード数は約10万回に上るほど人気だ。

 ラジコは、ラジオ人気の低迷に危機感を抱くラジオ局の間を広告大手の電通が取り持ち、ラジオ端末を増やす目的で始まった。

 インターネットを使ったラジオ番組配信は、地域限定のCM契約があることなどから民放ラジオは行ってこなかった。ラジコはネット接続時にパソコンに割り当てられる「IPアドレス」から、パソコンのある地域を判別。そこで放送されているラジオ番組をその地域だけに同じ時間に配信する「IPサイマルラジオ放送」の技術を採用している。

 ラジコのサイト上で実施したアンケートには約2万通の回答が届き、事務局は「予想以上の好調」。「ラジコで、ラジオを聴くようになった」「今後もずっと利用したい」などの声が寄せられている。

 エフエム東京の小川聡ゼネラルプロデューサーは「ネットのパワーを改めて実感している」と話す。電通ラジオ局の担当者は「ラジオは聴取者コミュニティーができやすい。はがきのやりとりとツイッターのやりとりも似ている。古くて新しいメディアだ」とネットとの親和性を説明する。気に入った曲をパソコンですぐ検索できるため、ネット広告とも連動しやすいという。

 実用化には課題もある。データをネット向けに変換するため約10秒の時差が生じ、時報や地震速報の扱いが難しい。著作権利者団体とも「さらに話し合いが必要」(電通ラジオ局)だ。

 試験配信は8月まで。1969年から「オールナイトニッポン」(ニッポン放送系)のDJを担当し、「カメちゃん」の愛称で人気を得た亀渕昭信・前ニッポン放送社長は「パソコンでラジオが聴けるようになれば、昔聴いていた人も、若者も面白い番組をみつけてやみつきになるのでは」と期待する。ラジコを聴くにはhttp://radiko.jp/にアクセスする。

【関連ニュース】
<特集>デジタルトレンド 旬なデジタル関連情報ページ
<ガジェット侍>気になるガジェットを動画も使ってレビュー
<対談>孫正義社長VS佐々木俊尚さん
<IT関連企業の話題>楽天:社内公用語を英語に
<ITの話題>iPad:米国から空箱で到着 被害相次ぐ

<水道事業>東京都などが検討の海外展開 総務省が「OK」(毎日新聞)
女性連続暴行 容疑の少年逮捕 30件以上に関与か(産経新聞)
<放送法改正案>「電監審」の権限強化削除求める 日弁連(毎日新聞)
口蹄疫で対策本部…牛殺処分徹底・農家支援など(読売新聞)
宇宙滞在、野口さん最長に=6月2日に帰還予定(時事通信)

口蹄疫猛威4.5万頭を殺処分 「なぜ宮崎が」と悲鳴(J-CASTニュース)

 宮崎県で牛や豚に感染する家畜病・口蹄疫が猛威を奮っている。10年前に県内で発生した際は35頭の殺処分で済んだが、今回は感染が確認されて数週間で約4万5000頭の殺処分が決定した。東国原英夫知事も「非常事態を宣言してもいい」と述べるほどで、早急な収束が望まれている。

 口蹄疫は牛や豚、羊など蹄が2つに割れている偶蹄類(ぐうているい)に伝染するウイルス性の家畜病。感染すると口や蹄に水疱ができ、衰弱して死ぬこともある。

■東国原知事「非常事態宣言してもよいほど」

 極めて伝染力が強いということだけでなく、ウイルス抗原が変異を起こしやすいことから、根絶は困難とされている。人には感染せず、感染した肉を食べても影響はないものの、1997年に台湾で発生した際には、豚18万頭が死亡。385万頭が殺処分された。

 2010年4月20日、宮崎県の都農町で、牛数頭に感染した可能性があると発表された。当初は牛だけだったが、やがて拡大。27日には、同県川南町の県畜産試験場で、牛よりもウイルスが増殖しやすい豚で確認され、検査結果を待たずに試験場の豚計486頭の殺処分が決定された。県は家畜の移動制限や畜舎の消毒などで封じ込めを図っているが、5月7日までに35例の感染の疑いが確認され、約4万5000頭の殺処分が決定している。

 今後も拡大が懸念されており、東国原県知事も5日にあった県の口蹄疫防疫対策本部会議で、「非常事態を宣言してもよいと思うほど深刻な事態。農家は心理的な疲弊が予想される」と話している。

■10年前は封じ込めに成功

 宮崎県は10年前、00年にも口蹄疫を経験している。そのときは日本国内の感染確認は実に92年ぶりだったものの35頭の殺処分で収束。米国の農務省からも「日本の一部地域で口蹄疫が発生したが、流行は迅速に封じ込められ、根絶された」とお墨付きを貰った。

 今回の流行は過去最大規模のものとなってしまったが、一体何が違っていたのか。県の口蹄疫防疫対策本部の担当者は、

  「前回は小さい農家で散発的に確認されただけでしたが、今回感染が確認された川南町には、大規模の養豚場が集中しています」

と話す。初動防疫についても、10年前の経験を踏まえた上で、国よりも細かいマニュアルに則って行ったといい「危機管理はしっかりしています」。宮崎県は豚の飼養頭数が鹿児島県に次いで全国2位。口蹄疫によって豚・牛の移動・搬出が制限されているほか、競りも中止しており、今後の拡大によっては県の経済にとっても大きな打撃となる。

  「発生農場を見ても、閉鎖型の最新施設で、防疫対策はかなりのものです。韓国や香港で感染が確認されて、心配してはいたのですが、もう『なぜ宮崎が』という思いです。現在こちらでは不休で防疫活動に当たっています。いち早く収束させないといけません」

と話している。


■関連記事
孫社長のトップ営業効果アリ? 東国原知事がツイッター開始 : 2010/02/18
県民も政党もそっぽ 東国原知事地元での「凋落」 : 2009/07/17
豚インフルのワクチン優先 「流行に間に合わない」恐れ : 2009/04/27
「新型インフルエンザ」発生 電車止まり、学校休校という「悪夢」 : 2008/07/09
休職期間満了で会社を辞めたら「請求書」が来た! : 2010/05/06

<石綿>ヤンマー製コンバインの部品に含有 無償交換へ(毎日新聞)
<高松塚古墳>「飛鳥美人」など公開(毎日新聞)
レーシック手術眼科破産 料金表示めぐり公取警告 負債68億円(産経新聞)
小児の「食物アレルギー」10年で2倍 花粉症の増加と関係アリ?(J-CASTニュース)
偽シャネル製品販売目的所持の会社社長ら逮捕 515万円売り上げ 警視庁(産経新聞)

高速料金見直し、首相「国会で」…調整不足認める(読売新聞)

 鳩山首相は22日夜、前原国土交通相が6月から導入すると発表した高速道路の新たな料金制度に与党から反発が出ている問題について、「国会の場で真剣に議論していただき、もし見直すことが必要であればその結論を見いだしていく」と述べ、国会の審議を踏まえて新料金制度を修正する方針を表明した。

 首相官邸で記者団に語った。首相が、担当閣僚の決定を党の求めに応じて見直す方針を示したことで、鳩山政権が掲げる「政策決定の内閣一元化」は根幹から揺らぐ事態となった。

 首相は「必ずしも党と政府ですべての考え方が一致していなかった側面はある」と政府・与党間の調整不足を認めた。同時に「国民の意見、党の考え方に基づいて大いに審議をし、変えていくというのは、新しい政治の姿としてあってしかるべきだ」とも強調した。

 新料金制度をめぐっては、民主党の小沢幹事長が21日に首相に見直しを求め、首相が再検討する方針を示していた。

 これに対し、前原国交相は22日昼、首相官邸で鳩山首相と会談した後、国交省内で記者団に対し、新料金制度について「現時点において見直しは行わない」と述べ、新料金制度の撤回にはただちに応じない考えを明言した。ただ、「国権の最高機関である国会における審議を踏まえ、国交省で総合的に検討させていただく」とも語り、国会の求めに応じた見直しであれば容認する姿勢を示した。

 前原氏は党内で小沢氏と距離を置いており、小沢氏の求めに応じた新料金制度の再検討に反発して辞任する可能性も取りざたされたが、前原氏は「私どもの考え方は首相、官房長官に了承されたわけだから、(閣僚を)続けさせていただきたい」と述べ、辞任を否定した。

 一方、小沢氏は22日夜、鹿児島市での民主党鹿児島県連の会合であいさつし、新料金制度について「国政に関しては発言しないようにしているのだが、昨日は高速道路の問題で、『小沢の野郎がなんだかんだ言った』といってマスコミが騒いでいる。まあ、私がみんなを代表して、発言したことは間違いない」と述べ、新制度見直しを求めたのは党の総意であると強調した。

 新制度をめぐっては、現行料金から実質的に値上げになるケースが多いため、参院選を控え、党内から異論が噴出。閣内でも仙谷国家戦略相が見直しを求めていた。

平野氏交代を要求=「知事欠席要請なら侮辱」−民主沖縄代表(時事通信)
<かぐや姫>月でなく富士山に登った伝説の根拠、富士市に(毎日新聞)
鳩山首相「一生の戒め」 元秘書有罪判決(産経新聞)
インフル患者が12週ぶりに増加(医療介護CBニュース)
AED作動せず搬送患者が死亡 不具合気付かず(産経新聞)

<裁判員裁判>懲役25年確定の被告 さらに懲役7年の判決(毎日新聞)

 強盗殺人未遂罪で懲役25年の判決が確定した後、強姦(ごうかん)致傷罪に問われた無職、永田健一被告(62)の裁判員裁判で、東京地裁は22日、懲役7年(求刑・懲役10年)の判決を言い渡した。懲役は計32年となるが、刑法の規定で有期刑上限の30年を超える刑は執行されない。林正彦裁判長は「7年は軽いと判断したが、特殊事情を考慮した」と説諭した。

 裁判員への負担を考慮し強殺未遂事件と今回の事件が分離されたことに対し、判決後に会見した裁判員からは「一緒に審理したほうが事件を総合的に見ることができた」「あくまで単体として事件を扱うべきだ」と意見が分かれた。

 判決によると、永田被告は06年と04年、都内で帰宅途中の女性に性的暴行をした。【和田武士、伊藤直孝】

【関連ニュース】
裁判員制度:東京高裁「合憲」 初の憲法判断
裁判員裁判:自殺未遂の長男刺殺…結審 求刑、下限の5年
裁判員裁判:入院長男刺殺の母親に懲役5年求刑 東京地検
強姦致傷:異例 さらに10年求刑 強殺未遂で懲役25年
石巻2人刺殺:17歳少年を逆送…仙台家裁決定

ISS実験棟「きぼう」 運用延長へ問われる成果(産経新聞)
<幸田町議汚職>贈賄側の売却益7億円 愛知県警(毎日新聞)
<児童ポルノ>3少年は元被害者 報酬渡されグループに(毎日新聞)
市長室のガラス扉紙で覆う…阿久根市長指示(読売新聞)
働く女性の7割、メタボ自覚=判断基準は「おなかの肉」−民間調査(時事通信)

小沢幹事長 両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は18日、地元の岩手県奥州市水沢地区で、後援会関係者ら約2500人(主催者発表)を体育館に集め、父佐重喜氏、母みち氏の「偲(しの)ぶ会」を開いた。鳩山内閣の支持率が急落し、小沢氏の辞任を求める世論も7、8割に達する中、年忌法要でもない時期の大法要は、143人の議員団を率いた昨年の訪中や、自宅に166人の議員を集めた今年の新年会と同様「数の力」を頼む権勢誇示との指摘もある。小沢氏は法要で「本当に最後の総仕上げ、最後のご奉公だ」と強調したが、地元という自らの「原点」で示した強気の陰には、追い詰められた権力者の孤独もかいまみえる。

 ◇地元も揺らぎ、「数の力」に頼る

 「何としても日本に民主主義を定着させ、国民生活を末永く安定したものにする。私も残りの人生を頑張ってまいりたい」

 小沢氏は偲ぶ会でこう語り、支援者一人一人を握手で見送った。小沢氏の意向で法要には地元以外の国会議員は呼ばれず、達増拓也岩手県知事と今夏改選の2人の地元参院議員が指名を受けて焼香した。小沢氏に近い党幹部は「『お前たちは地元でこれだけ集められるか』という、党内へのデモンストレーションだ」と解説する。

 小沢氏は95年3月、今回と同じ水沢体育館で母みち氏の葬儀を営み、約4000人を集めた。94年暮れに新進党を結成したばかりの小沢氏にとって、1カ月後の統一地方選と夏の参院選に向け、幹事長として力量が問われる正念場だった。

 葬儀には小沢氏が岩手県知事選への擁立を主導した増田寛也氏も参列。統一地方選で増田氏は初当選を果たし、95年参院選で新進党は40議席を獲得し改選議席を倍増させた。この時の勝利が念頭にある小沢氏は、今回の法要も「水沢体育館でやれ」と指示。今月12日の記者会見で「(地元に)僕が行けば必ず数千人集まる」と強調していた。

 しかし、小沢氏を取り巻く状況は厳しさを増している。20日にも自らの資金管理団体を巡る事件で検察審査会の議決がでる可能性がある。21日には党首討論、22日には鳩山由紀夫首相の元秘書の政治資金規正法違反事件の判決というハードルも控える。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の混迷で首相と小沢氏が退陣する「5月政変」の可能性もささやかれる。

 初当選以来小沢氏を支援してきた地元後援会関係者でさえ「水沢でも『何でもっと身の回りをきれいにしねえのや』と言う人もいる。法要に誘っても足踏みする人もいた。足元が崩れかかっている」と疲れた表情で語る。

 小沢氏が師と仰ぐ故田中角栄元首相は、ロッキード事件の1審有罪判決後、竹下登蔵相(後に首相)の父親の葬儀に国会議員約100人を率い、チャーター機で島根入りした。逆境をはね返そうと強気に出る姿は、「訪中」「新年会」「大法要」と一連の行動で数に頼る小沢氏と重なって見える。

 ◇「誰にも相談しない」

 しかし、なぜ両親の法要なのか。小沢氏は68年に死去した佐重喜氏について「親しみというか、父子の情愛というか、そういう情緒的な思いは、あまり持っていなかった」(80年出版の「人間小沢佐重喜」への寄稿)と語っている。

 「最後の奉公で頑張る」(小沢氏)とした07年参院選前の4月、小沢氏は鹿児島県の故二階堂進元自民党副総裁の墓前で手を合わせた。昨年8月の衆院選直前にも、父佐重喜氏の墓参りの後、郷土出身の原敬元首相の墓参りをしている。

 「何か決める時、小沢さんは誰にも相談しない」(側近議員)。小沢氏にとって、ここぞというときに頼れるのは物言わぬ「仏」だけなのかもしれない。【念佛明奈】

【関連ニュース】
民主党:参院幹事長「暫定税率を維持」…環境と整合性なく
小沢幹事長:衆院選マニフェスト見直さず
小沢幹事長:後援会が地元で18日、両親の「偲ぶ会」
米国:「事務所に問い合わせて」 小沢氏訪米中止で国務省
小沢幹事長:5月の訪米見送り

ミクシィで高校時代の同級生を脅迫 警視庁(産経新聞)
<チューリップ>春の香、満喫 三重・桑名(毎日新聞)
北九州市を警察庁長官が視察=工藤会対策で捜査員激励(時事通信)
県外移設の要請決議を政府に提出 普天間問題で沖縄県市長会(産経新聞)
<日本本土初空襲>忘れず語り継ぐ…東京荒川区・尾久の住民(毎日新聞)

ペット死体の大量投棄「被害者の会」結成へ(読売新聞)

 埼玉県飯能市でペットの死体が大量に不法投棄された事件の波紋が広がり続けている。

 「うちの犬ではないか」などの問い合わせが、県警だけで150件以上殺到。通報した東京都板橋区のペットサロン経営の女性(54)らは近く、「被害者の会」をつくり、骨の扱い方などについて話し合いの場を設けることを決めた。9日には、先月26日に回収された約80匹の死体が都内の斎場で焼かれた。

 死体は当初、一般ごみとして処理されるはずだったが、女性は「飼い主はだまされているとも知らず、手を合わせているかもしれない」と考えるといたたまれず、引き取ることにしたという。数十万円の火葬費は全額、女性が負担した。費用については、廃棄物処理法違反容疑で逮捕された阿部忍容疑者(71)に請求することにしている。

 女性は「被害に遭った飼い主たちが持っている骨は、別の飼い主のものかもしれない。弔い方などを決めてほしい」と被害者の会をつくることを決めた。初の会合が18日午後3〜5時、三芳町立藤久保公民館で開かれる予定。

急坂下る豪快な「木落し」=諏訪大社の御柱祭、最高潮に−長野(時事通信)
<平城宮跡>第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす(毎日新聞)
平沼氏ら、10日新党旗揚げへ=鳩山邦氏は参加見送り(時事通信)
関西情報誌無くなる!? 「1週間」「エルマガ」「ハナコ」休刊(産経新聞)
小5重体、中学生ら6人重軽傷 青森で衝突事故(産経新聞)

遺体は32歳韓国人女性=スーツケース事件−金沢(時事通信)

 金沢市内のがけ下でスーツケースに入った頭のない女性の遺体が見つかった事件で、石川県警金沢中署捜査本部は8日、DNA型鑑定の結果、女性を韓国籍の康善福さん(32)と特定した。捜査本部によると、飯沼精一容疑者(60)=死体遺棄容疑で逮捕=は「2人の間で金銭トラブルがあった」と話し、康さん殺害や頭部切断を認める供述をしているという。 

【関連ニュース】
【特集】逃走2年 英国人女性死体遺棄〜事件の経過を振り返る〜
鉄工会社従業員、死体遺棄で逮捕=社長殺害もほのめかす
「自分があやめた」と供述=30代の韓国人、身元特定急ぐ
スーツケース遺体遺棄で男逮捕=60歳、殺害もほのめかす
スーツケース遺体事件で男出頭=50〜60代、遺棄ほのめかす

殺人 鉄工会社社長に複数の刺し傷 北九州(毎日新聞)
与謝野新党「週明けにも決めたい」…藤井元運輸相(読売新聞)
府議会自民会派の現職執行部ら8人が橋下知事の「大阪維新の会」合流へ(産経新聞)
19道府県に2万2000個=廃ポリタンク漂着状況−環境省(時事通信)
<菅財務相>今国会中の補正予算編成に慎重姿勢(毎日新聞)

神戸の女子中学生間に大麻コネクション!?3年女子生徒また逮捕(スポーツ報知)

 兵庫県警須磨署は4日までに、微量の大麻を隠し持っていたとして、大麻取締法違反(所持)の疑いで神戸市の中学3年の女子生徒(14)を逮捕、送検した。神戸市では昨年12月から今年1月にかけ、女子中学生らが大麻を所持していた疑いなどで相次ぎ逮捕、補導されている。神戸の女子中学生の間で大麻が簡単に入手できる“コネクション”ができている可能性が出てきた。

 またしても神戸の女子中学生だ。3日未明に逮捕された中学3年の女子生徒は「使ったことはないが、大麻と知って持っていた」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は2日午前、神戸市須磨区の自宅で制服の上着ポケットに約0・09グラムの乾燥大麻を所持していた疑い。県警神戸西部少年サポートセンターに「女子生徒が大麻を持っているようだ」と通報があり、連絡を受けた母親がチャック付きポリ袋に入った大麻を発見し須磨署に届けた。1回で使い切るほどの量という。

 女子中学生の“大麻汚染”がやまない。兵庫県警少年育成課が1月7日に発表した事件では、長田区の市立中学2年の女子生徒(14)と兵庫区の店員少女(16)、別の市立中学に通う須磨区の2年の女子生徒(14)が大麻を所持していた疑いで逮捕。別の中学2年の生徒(13)も補導された。

 店員少女は交際している長田区の少年(19)からもらったと話していることが分かっているが、この少年は別の兵庫区の中学3年の女子生徒(15)に大麻を譲り渡したとして県警に逮捕されている。

 須磨署によると、今回の女子生徒は、1月に逮捕された女子中学生らのうち1人と知り合いと話しているほか「神戸・三宮周辺で知り合った(逮捕された女子中学生とは別の)神戸市内の同学年の女の子から3月にもらった」と供述。中学生らティーンエージャーの間に複数の大麻入手ルートがあるとみられ、入手経路について詳しく調べている。

 神戸市教育委員会の玉置章司指導課首席指導主事は「1月に事件が発覚して以降、かなりの指導をしていたにもかかわらず新たな逮捕者が出たことに驚いている。どれほどの広がりが出ているのか、対策を取る必要がある」と話している。

 【関連記事】
兵庫県警 大麻取締法違反 須磨区 を調べる

答申無視の派遣法改正、労政審が異例の抗議へ(読売新聞)
自民党 執行部、現体制で参院選…谷垣総裁(毎日新聞)
阿久根市長つかみ合い「今後も議会に出ぬ」とも(読売新聞)
<豪華客船>サン・プリンセスを報道陣に公開(毎日新聞)
特別背任容疑で告発のNOVA元社長、不起訴(読売新聞)

<雑記帳>「歌声モノレール」が大人気 千葉市(毎日新聞)

 車窓の春の風景を楽しみながら、みんなで青春の歌を歌いませんか−−。千葉モノレール(千葉市)が、走る歌声喫茶「歌声モノレール」の運行を企画したところ、応募が殺到し、定員オーバーとなった。

 1950年代から60年代にかけ流行した歌声喫茶を車内で再現。ビルの合間をぬって市街地から郊外へと走る1時間半、キーボードの伴奏で乗客が声を合わせ、思い出のロシア民謡や昭和歌謡を歌う趣向だ。

 1500円でドリンク付き。受け付け開始から3日で計4両分の定員140人が満席となり、急きょ6月に第2弾を運行することに。赤字経営が続いていたが、この調子なら、線路は続くよ、どこまでも?【奥村隆】

【関連ニュース】
いきいきサークル:歌声喫茶グループ「ハーモニーの会」 /島根
ホテル情報:シーサイドホテル舞子ビラ神戸ほか /兵庫
はとバス歌声喫茶=鈴木琢磨

カーナビ番号記載義務化…盗品ネット転売防止(読売新聞)
「びわこ号」を復活走行へ 大阪・寝屋川市と京阪電鉄(産経新聞)
「海兵隊、沖縄に必要」平野氏が県内移設明言(読売新聞)
首相動静(3月28日)(時事通信)
<郵政改革>消費税減免「聞いてない」…菅財務相(毎日新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
  • <野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」(毎日新聞)
    りつこ (07/15)
  • <野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」(毎日新聞)
    メタルボリック (07/02)
  • <野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」(毎日新聞)
    にゃん子 (06/03)
  • <野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」(毎日新聞)
    志波康之 (01/13)
  • <野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」(毎日新聞)
    カドルト (01/08)
  • <野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」(毎日新聞)
    サキューン (01/01)
  • <野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」(毎日新聞)
    リョータ (12/27)
  • <野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」(毎日新聞)
    晶太郎 (12/23)
  • <野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」(毎日新聞)
    モグモグ (12/18)
  • <野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」(毎日新聞)
    俊之 (12/05)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM